<Skyrim>世界は狭いって嘘だろう

最近更新が遅かった原因です、はい、すっかりハマっちまったです。

PC版で遊びまくってます。

ちなみに”カジート”でプレイ中、”アルゴニアン”と激しく迷った、30分位は悩んだ。

竜人みたいでカッコイイんだもの、頭にも角とか飾り羽もお洒落だし。

しかも特性で病気にならない、体力回復早いとかお財布に優しそうな種族だし。

おまけに溺れないとか、適応力に感動する。

カジートは見た目、”グイン”とか”アジャニ”っぽいな、と言う思いから気になってしまった。

確かグインさんもよく疑われていた様な気が。

特徴は身軽で…”足が速い”。

はい、”足が速い”に魅かれた。”ヒットアンドアウェイ”とか最高!!

ステルスも得意らしく余計に面白い。…まあダメな時はダメですが。

このシリーズ初めて遊ぶ事になったけど…主人公って誤認逮捕が定番なのか?

“リストにありません”とか、女隊長も”構わん”とか、警察の思考が末期すぎる。

“生き地獄”とはこの国か。

操作には特に苦労した。この時はキーボードで遊んだのが原因で、

移動慣れできず何回コンテニューしたか。

砦からジャンプ出来ず丸焼き、ジャンプしたと思えば火の中に落ちて丸焼き…。

相手兵士にグレートソードで挑むも返り討ち。

取りあえず赤い鎧の人に付いて行くと、”リバーウッド”と言う村に。

ここもドラゴンの噂で持ち切りな様で。

鍛冶屋のアルヴォアさん宅でお世話になった後、どうやら”ホワイトラン”に向かえとの事。

まぁなんと言っても世界がとんでもなく広い、”ゼノブレイド”さながらの感動。

主観視点のお陰で見入ってしまうのは今でも変わりナシ。

風景の美しさも合わさって、もう観光客気分で道草が止まらない。

…まぁその果てが道に迷って山賊に襲われ、ヤラレチャッタと言う始末。

リバーウッドから何とか(道草しまくった為)山岳地帯を抜け、平原に到着。

そのまま城らしき場所目指していると、ちょっと先に何故か”巨人”らしきヤツが。

山賊にボコられた上、巨人とか無理だわ、近くの樽の陰から様子見する。

本気で”サファリゾーン”見たく石投げたかった。

そこに巨人の後ろから3人組みがやって来て…巨人と戦い出した。

3人で大丈夫かな…見守っていると、どうやら倒したらしい。

少し安心したが、”まさかあの3人と戦うのか?”という考えが浮かんでしまう。

明らかに山賊みたいな人いる、まずは隠密で接近を試す。

……バレた!!

だが襲って来ないので味方だったご様子、”同胞団”の人らしい。

そのまま城を目指し農園を過ぎると、すぐ近くにキャンプ発見。

なんと同じカジートの人達、同族に会えるとは感動した。

商人とその護衛らしい。

何か買い物…手持ちがまずい、今は止めておこう。

そんなこんなでやっとホワイトランに到着した。

取りあえず最初の思い出を書き出して見る、ちょっと懐かしや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。