<ポケモン ホワイト2>ネタパーティーとの対戦は大会の醍醐味

『ポケモンセンターカップオンライン』のマスターカテゴリに参加してみた。

自宅Wi-Fiでの参加とは言え、緊張感や気分の高揚具合はさすが大会。

バトル一回一回がとても面白かった。

といっても一週間前の話なので今更感満載だけど。

今回参加したチームメンバー

チームポケ
ポケモン 性格 特性 持ち物 以下呼称(NN)
ヘラクロス♂ 陽気 根性 フェイント
守る
メガホーン
インファイト
毒毒球 ハイドラ
ゾロアーク♂ 無邪気 イリュージョン 不意打ち
火炎放射
ナイトバースト
気合球
気合のタスキ アーク
ジバコイル 控えめ 頑丈 金属音
電磁波
10万ボルト
目覚めるパワー(氷)
風船 ジェネッタ
クイタラン♂ おっとり もらい火 不意打ち
煉獄
大文字
岩石封じ
ヨロギの実 カヴー
ボーマンダ♂ やんちゃ 威嚇 ドラゴンクロー
地震
ハイドロポンプ
竜の舞
ラムの実 ドラグーン
エルフーン♂ 図太い 悪戯心 追い風
アンコール
とんぼ返り
ヤドリギの種
ゴツゴツメット ファッフル

ハイドラを中心にしたパーティで、当のハイドラは典型的な根性ヘラ。

技を守るorストーンエッジか悩まされたが、先発の可能性を考え守る採用。

根性を安定して発動するようにした。

対状態異常でもある。

ちなみに鉢巻でないガブリアスであれば逆鱗も耐えられる為、根性発動中ならインファイトorメガホーンで確1。(あくまで攻撃・素早さ252想定、耐久調整型は不明)

タスキガブでもフェイントでいける。

・アーク

特殊アタッカー、ほぼ先発。

選出時は主にハイドラに化け、エスパー、ハッサムを狙う。

同悪タイプには気合球で対応。

バルジーナと悩んだが、ささやかな遊び心。

・ジェネッタ

特殊アタッカー、主に飛行タイプ牽制。

特にヘラクロスの天敵グライオン(ギロチン型)の居座りに対抗できる数少ない奴。

同電気タイプも想定し金属音装備。

・カヴー

特殊アタッカー、対特殊炎。

ウルガモスを意識して岩石封じを採用。

攻撃102以上からウルガモス(防御85、HP161)を確2にできるので、めざ岩を耐えて岩石封じ、不意打ちを狙う。

もらい火出来たら大文字で押す。

・ドラグーン

物理アタッカー、対物理炎。

ウィンディを想定、可能なら舞って無双してもらう。

・ファッフル

サポーター。

ヤドリギor追い風によるHP、速度サポートを残し、味方の交代ダメ軽減、速度関係を変化。

ゴツメットにより先発猫だまし相手のタスキ無効化、ヤドリギと併せ相手の交換を促す。

そこをとんぼ返りで安全に味方へ任せる。

ブラックなどから引っ張ってきて組んだ即席チームといった所。

努力値も調整がほとんどない状態だったが案外善戦できた。

良い結果、悪い結果もいろいろ見れたので、より強くする基準になる良い大会だった。

対戦してくれた方々に感謝。

実際に試合での感想だが、見せ合い時で相手チームを見ていて感じたのは、バンギラス、ガブリアス、ハッサム、カイリュー、ウォッシュロトム、夢ニョロトノ、キングドラとの遭遇率がかなり高かった。

大体は砂パ、雨パだが、時には両方を可能なパーティもいた。

強いのは解るけど、もっと他のポケ見たいわ。

ちらほらなら未だしも、1/3回ほどの頻度でバトルしていたから非常にキビシイ。

特に雨パのキングドラに手酷くやられた。

特殊水を安定して受けられないのが原因なんで、どうにか策を練りたい所。

他はマンムーへの対処も苦しかった。

先発でマンムーの場合が多く、ハイドラに交代するにも相手の攻撃力の高さが有り、ちょっと様子見するとステロを撒くのでかなり厄介だった。

先発と言うとハッサムも警戒していたが、こちらに関しては良い発見があった。

現在メジャーなハッサムであれば、ハイドラがバレパンを耐え(約130ダメ)、根性インファ、フェイントで返り討ちできるらしい。

相手ハッサムの能力計算はしていないが、これのお陰で勝利したパターンが多かった。

発見した事はまだまだあるが、なんと言ってもネタチームとのバトルが特に楽しかった。

覚えている限りでは、ブイズ(ネタ?)、氷統一、3剣士 + 3オヤジの準伝説。

他にもバトルしたかもしれないが…これ以上思い出せなかった。

ガチパとのバトルの中、ネタチームと出会った時はとても和める。

こういうチームとも会えるから大会は楽しいんだよね。

そういえば今度はブイズ大会が開催されるとか。

ブイズファンの歓喜が目に見える舞台だ。

どれどれ、ちょっとコイツに耳と毛を…え、ブースターじゃないからダメ?

うわぁぁぁブイズ見てぇよちくしょぉぉぉー!!

カヴー「…アホか」

P.S.

ポケウッド、スタジオ付近にて

ボルティ「パ…パルゥ」

…ん? どうしたボルティカ、なんか申し訳無さそうな顔してアバババババ(気絶)

ボルティ「ゴメンねぇMeta、…クジャ、こっちはOKだよ?」

クジャ「了解、さすがジャ。ヴァレ、ベノム、そっちの具合はどうジャ」

ベノム「カメラ準備OK、いつでもいいぜい」

ヴァレ「音響問題なし、こちらも大丈夫だ」

クジャ「OKジャ、マグ、照明操作はもう慣れたノジャ?」

マグモル「んーとりあえず大丈夫ッス!…オイラの足にゃ合わないッスねこの機材」

クジャ「まあまあ今回はよろしく頼むジャ、エル、そっちはどうジャ?」

エル「はいはーい、こちらもお色直しOKでーす、お二方きまってますねぇ」

クジャ「よしよし、では…スタートジャ!」

<ポケモン ホワイト2>ネタパーティーとの対戦は大会の醍醐味に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。