[エスコンAH]『ASF-X 震電Ⅱ』の感想

エスコンAHに登場する機体『ASF-X 震電Ⅱ』の感想を書いてみる。

自衛隊により運用される架空の最新鋭支援戦闘機。

『領海内での対艦攻撃』、『上陸戦力の迎撃』、『山岳部での防衛戦における近接支援』と戦況に応じ多彩な役割をこなす。

速度域により変化する可変式の前進翼と尾翼を持ち、連動して角度を様々に変化させるため、フォルムは多彩。

その個性を三人称視点で存分に見せ付ける。

更に独特なのはエンジン部分。

2機のエンジンが縦に重なった特殊な形状を持ち、VTOL(垂直離着陸)も可能という、万能なマルチロール機。

DLC第2弾で登場した有料追加機体(960円)。

河森正治氏とのコラボ企画第1号、値段は痛いが性能はお墨付き。

装備は6AAM、RKTL、LAGM と対地対空どちらにも高い火力を出す。

操作感はとても機敏、パクファ以上に高い旋回性能を持つため、馴れない内はとにかく振り回される。

パクファがラプター(バランス型)とするなら、震電Ⅱはベルクト(高機動型)の様な立ち位置になるだろう。

ただし、低速時の安定感がパクファ以上に抜群である点、装備面も対地武器を即装備可能という点を見ると、”マルチロール”としてみた場合、震電Ⅱが優秀。

パクファ同様、ステルス性も持ち合わせているため尚更だ。(可変主翼尾翼+機体外部にミサイル装備でステルス性がある点もスゴイ)

ただ装甲はやや薄目で、オンライン時スキル使用オンの場合は通常ミソ1発で落ちる事も多い。

DFMを受けない様に注意されたし。

小ネタとしては、速度による可変も見物。

特に低速時は主翼先端やフラップ、尾翼が下がり、まるでカエルの様な姿になる。

見て良し、使って良しの面白い機体。

[エスコンAH]『ASF-X 震電Ⅱ』の感想に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無視されます。ご注意ください。