<エースコンバットAH>機体についてゴニョゴニョ3

アサルト・ホライゾンに登場する機体の感想でも書いてみる3

PAK-FA

今作から登場したロシア産の最新ステルス戦闘機。

名前の”PAK-FA(パクファ)”は『戦術空軍向け将来戦闘複合体』の略称で、現在は試作段階である”T-50″と言う機体を指している。

見た目は、スホーイ社製に多いカナード翼は無くなり、F-22に近くなった。

主翼はかなり大きく、まるでデルタ翼を思わせる形状をしており、F-22同様にステルス性も併せ持つ。

テスト飛行の動画もあるので確認可能。(PAK-FAで検索)

遂に最新のステルス戦闘機がロシアから登場。

流石にラプターがデカイ顔しているのは我慢ならなかったのだろう。

自分から見ても、ラプターとベルクト以外にも、実在の高性能機体が登場するのは嬉しい。

使用した感覚は、ラプターとベルクトのいいとこ取りと言える性能。

スピードは申し分なく、旋回能力も高い、それでいて低速時も安定し、急旋回を繰り返した際も持ち直しは楽々。

対空性は間違いなくトップクラス。

更にステルス機共通の特長として、相手レーダーに映りにくい点。

実際は、点滅 → 消失 → 点滅…を繰り返し表示される。

消失した状態なら、相手の正面にいない限りまず安全だが、ロックオンされるとその効果は無効になる。

こうなるとDFMに持ち込まれ易いが、ステルス性はここでも役に立つ。

DFM時に現れるサークル。

これのミサイルチャージ速度を少し遅くする効果があるため、通常の機体よりもミサイルを受け難い。

あの性能に上記の効果が働くので、空戦では鬼の様な奴になる。

オンラインで遭遇したら、まず注意したい物だ。

(ここからネタバレを含む記述のため、注意)

パクファが使用可能になった時は色々と驚かされた。

最初は架空機体かと思ったが、Color2にした際、アサルト・ホライゾン発売以前に動画で見ていた機体その物じゃないか、と気付いた時だ。

とうとうラプター以上の実在機が登場した、その事にワクワクしたのは良く覚えている。

あと、パクファの分類が”ファイター”ではなく”マルチロール”である事だ。

あのラプターがファイター扱いと言う点もあり疑問だったが、唯一のAG武器を確認して納得した。

見覚えあるオレンジ色の極太大根ミソ…間違い無い、”トリニティ”だ。

お陰で、パクファは今作のラスボスである、マルコフ(アクーラ)の機体だったと気付いた。

まさか…キャンペーンで問題になったあのトンデモ兵器が使用可能とは!!(フリー:3発)

パクファはとことんワクワクさせてくれる。

試しにフリーでASM時に敵へ撃ち込んでみたが、やはり化物だった。

ド派手に爆煙を巻き上げ、視界を遮ったと思ったら…(恐らく)巻き込まれて死亡。

…流石だ、見境ない。

爆煙を見たいなら、巡航ミソ特有の長射程生かして傍観するに限る、ASMには使えない

ちなみにオンラインでは1発のみ。

解禁するには、パクファでプレイヤーをノーミス8連キルしないと装備できない。

これまた厳しい条件だが、それぐらい強いのは確かだろう。

首都攻防戦で敵HQに撃ち込めば、ほぼ勝利になると思われる。

…自分はいつ装備できるのだろうか。

<エースコンバットAH>機体についてゴニョゴニョ3に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。