<カービィWii>遂に出た新作3Dカービィ

星のカービィWiiの感想でも書いてみる。

昔登場した敵キャラが色々と復活した点、アクションも復活した物も含め、ファンであれば懐かしさでも楽しめる。

新たに追加されたアクションもあり、ぶら下がりや浮き輪が印象強かった。

基本カービィはホバリングで飛行できるため、ぶら下がりはあまり必要なさそうだが、実際あると冒険している感じがよく出ている気がする。

そして浮き輪…ついに水面を泳ぐようになった。

実際必要性はあまり無いが、カワイイから問題ない、カービィは楽しそうだ。(意外にジャンプ、潜水へは楽に移行できるので有用か)

とにかく細かい所も凝った作品になっている様だ。

コピー能力でも変化があった。

一部帽子のデザインが変化し、従来以上に能力を模したデザインになった。

要するに似たデザインの帽子が全く無い。(例: 旧ストーン・旧ニンジャ)

体色も1Pはピンク固定になり、能力ごとに変化しない。

これは多人数プレイを意識したのだろう。

参加者全員カービィであった場合、体色でしか各プレイヤーの判断ができないので、同じ能力の人と混乱しないようにする配慮だろう。(鏡の大迷宮に近い要素か)

おかげで能力も区別しやすくなった。

アクションではSDXに近く技が豊富、シンプルだった能力にも技が追加された点もある。

まさか!遂にこのコピーにも技がッ!!・・・という嬉しい驚きが多い。

一番驚いた点は、遊ぶ感覚が従来の2D版カービィにとても近い所だ。

初3D版である『星のカービィ64』では、カービィが無敵状態であっても、ゴルドーのような”倒せない敵キャラ”は通過できず弾かれてしまう。

3Dカービィは敵キャラをすり抜けできない認識であったが、今作はそのような敵キャラも2D版と同様、すり抜けて通過できる様になっている。

2D版と同等の感覚になるのも納得できた。

少し残念な点を挙げれば、まず明らかに多人数向けである所。

OPムービーではカービィ、デデデ、ワドルディ、メタナイトら4人で冒険をする描写だが、1人プレイではカービィしか選択できない。

CPUでも他3人の活躍が見たかった。(クリア後は不明)

上記に加え、難易度がかなり易しいという点。

カービィは操作が簡単で、歯応えある難易度が売り、と言う考えがあったが、敵密度も低く、ボス戦も正直ゴリ押しでOKな感じなのでイマイチ手応えがない。

多人数向けならむしろ、もっと強くても良い、ボスが一方的フルボッコは悲しすぎる。

だがEX難易度なる物がある様なのでそちらに期待する。

総評すれば、とても面白い。

個人的には難易度がどうにかなれば、間違いなくSDX、USDXに並ぶクオリティだと感じる。

<カービィWii>遂に出た新作3Dカービィに関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。