[エスコンAH]『F-22A Raptor』の感想

エスコンAHに登場する機体『F-22A Raptor』の感想を書いてみる。

最近のフライトSTGではほぼ登場していると思われる高性能機体。

3つのS(ステルス性・音速巡航・短距離離着陸)を全て可能にした戦闘機で、今作の主人公、ビショップ中佐が初っ端から搭乗している。

自慢のスピードはやや遠距離からのDFMでも、すぐ敵の真後ろに詰め寄るほど。

旋回能力も高く敵の背後にも回り込み易いので、DFM不使用でも大体の相手に対処できる。

武器弾数が多い点を見ても、扱い易さがよく解るファイター。

流石ラプター、20年飛び続ける事はある。

1つ気になるのは、AG(空対地)武器が無くなった点。

本来AA(空対空)は勿論、AGも想定されていたはずのラプター。

ASM不可であっても、何か1つ欲しかった…最近は下を見ない主義なのか?

[エスコンAH]『F-22A Raptor』の感想に関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策のため、日本語を含まないコメントは無視されます。ご注意ください。